代表挨拶

新しい「お風呂」の価値を創造する

ヘルスビューティーは、1960年、銭湯で使用する業務用の水質管理剤や洗剤の薬品卸売商社として創業しました。

当時から、お風呂は清潔で快適な日常生活を過ごせるように身体をキレイにする場であり、銭湯はそのための大きな役割を果たしていました。身体をキレイにするのですから、浴場や水質はキレイでなければなりません。安心安全で快適な入浴環境をお客様に提供するために、私たちは水質管理剤や洗剤の知識や技術を磨きました。時代とともに、お風呂の価値は変わり、家庭用浴槽の普及率が高まるにつれて、銭湯をはじめとするお風呂屋さんの価値は、「衛生」から「娯楽」へと変わりました。家庭用浴槽では味わえない特別なお風呂を楽しみにお風呂屋さんを訪れるお客様に喜びと感動をしていただくために、私たちは入浴剤の研究開発と製造販売を強化してきました。

現在では、様々な機械式の浴槽が登場し、お風呂の価値は新たなステージに移行しています。

日本の文化である「お風呂」に携わり60余年、これまでに培ってきた経験と技術と熱意をもって、これからもお風呂を通じて健やかで美しい人と社会の創造と挑戦を重ねて参ります。

 

世界に「お風呂」を届けることに挑戦する

身体を温め、身体を癒す「お風呂」は世界でもその価値や効果の高さが認識されてきています。
グローバル化が進み、世界がボーダレスに繋がるようになった現代だからこそ、日本の「お風呂」の良さを世界に発信し、その価値や有用性を伝えていくことで、グローバルスタンダードのライフスタイルになることを願っています。それが、日々の生活や社会、延いては世界を豊かにすると信じています。
お風呂の匠として、愛知から世界へ、そして未来へお風呂を革新し伝承していきます。

 

代表取締役 松田 宗大