入浴剤の色の抜け方

今回は、「入浴剤の色によって色抜けに差がありますか?」というお客様から頂いた疑問に対し検証実験を行ってみました!

お風呂のお湯を塩素消毒した際のお湯色の違いによる色の抜け方の差についてご紹介します♪

入浴剤の色の抜け方の違い

今回は、入浴剤の中から『赤・ピンク・橙・黄・黄緑・緑・青・紫』の8色について色の抜け方に差があるのか実験を行ってみました。

下記動画をご覧ください。

 

動画から緑・青色よりも赤・黄色系、中でも黄色に近い色調ほど色落ちしやすいことが分かります。

これは、入浴剤の色は複数の色素を混ぜており、赤・黄色系の色素が比較的弱いためです。

また、赤・黄色系でもピンク色は塩素に強いことが分かります。

※色素の種類や配合量によって異なる場合があります。また浴槽の色や深さによって見え方に違いが生じる場合があります。

【参考】入浴剤投入直後と3時間後の色の変化

色素の種類や配合量によって異なりますが、入浴剤選びの参考にしてみてください!

その他分からないこと等ございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。

 

次回は「お風呂の入浴マナー」ついてご紹介します♪