入浴剤の種類

入浴剤には様々な種類があります。

ここでは当社が製造販売している液体・粉末・刻みの入浴剤について種類ごとの特徴や使い方についてご紹介します。

液体・粉末タイプ

液体・粉末タイプには、溶かしたときに透明になる透明入浴剤と白濁になる白濁入浴剤があります。

白濁入浴剤には、透明入浴剤とは異なった特徴があります!

下記動画をご覧ください。

 

 

動画の実験からも分かるように白濁入浴剤は塩素による漂白が起こりません。

塩素濃度の測り方については<こちら

刻みタイプ

刻みタイプには、複数の生薬をブレンドした生薬薬湯があります。

当社が販売している生薬薬湯は下記の5種類です。

 

生薬薬湯は、液体・粉末タイプと違い使い方が難しそうといったイメージをもたれることもありますが、

下記の動画を参考にすれば簡単です。商品のイメージも湧くと思います☺ぜひご覧ください!!

 

 

 

また、生薬薬湯は、他の入浴剤よりも塩素管理に注力する必要があります。

下記にて説明しておりますのでぜひご覧ください。

 

 

 

今回は入浴剤の種類についてご紹介させていただきました。

分からないことなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

次回は『入浴剤による設備への影響』についてご紹介いたします。